86とBRZのカスタムライフ

トヨタ86

トヨタの86はスバルBRZに比べ振り回す楽しみを色濃く感じさせるセッティングになっています。

具体的にはリア・サスペンションの挙動がブレイクしやすいセッティングになっており、意図的にリアタイヤの限界値付近での楽しみ方が容易に成っているのです。

スバルBRZ

変わってスバルBRZはトヨタ86のセッティングとは反対にオンザレール感がつよいセッティングになっています。

サーキットで車を楽しむにはグリップ走行に適しているサスペンスションのセッティングになっており、スポーティな走りをした場合にはトヨタ86よりも安定思考の走りが楽しめます。

車を安全に運転するのはもちろんですが、自動車保険もとても大切です。

自動車保険を考えるときに自動車保険料の平均相場をチェックするのを怠ってはいけません。

自分が考えているよりもずっと車は運転者と周りの人へ影響を与える乗り物なのだから。

タイヤの交換時期は?

車のタイヤって普段あまり気にも留めずにいるかもしれませんが、実は自分の命を載せて走っている、とっても大切なパーツなんですよね。

ではこのタイヤ、消耗してきた時にいつ交換しておくといいのでしょうか。

タイヤの交換時期に気付きやすいのは、車検などで詳しく車の状態をみてもらったときが多いのではないかと思います。

しかし、それ以外の時期にも、自身でしっかりタイヤの状態をチェックしておくことが大切。

簡単なことでは、普段車に乗り込む際に、タイヤにヒビが入っていないか、空気圧は適正なのか、さらにスリップサインは出ていないかを常々見ておくこと。

スリップサインというのはタイヤの交換時期のチェックができるものですので、是非自分のタイヤについて確認しておくことをお勧めします。

タイヤなんてだいたい5年くらい持つだろう…などと適当に考えていると、意外と危ない状態になっているなんてこともありますよ。

スリップサインが出ていたら、数年しか経っていなくても交換です。

 

タイヤを長持させるには  

実は私はタイヤの消耗について無頓着だったときがあり、思っていたよりもタイヤが早くダメになってしまったことがあるのです。

ですのでタイヤの消耗についてちょっと知識を持っておき、できればタイヤが長持するように心がけておくといいのではと思います。

タイヤを長持させたいなら、以下のようなことを心がけておくといいですね。

「常々タイヤの空気圧を適正に保つため、エアチェックは欠かさない」

「タイヤの状態をよく見ておいたり、小石など挟まっていたら、気がついたとき取り除く」

「定期的にタイヤローテーションを行う」

特にタイヤローテーションはかなりポイントとなるようで、これを怠っていたことで私の場合、消耗を酷くしてしまっていたようです。

タイヤローテーションは前後のタイヤを定期的に入れ替えるということなんですが、カー用品店で行ってくれますので、およそ5千キロ程度で交換を目安にするといいでしょう。

安く交換してくれるお店をチェックしておくといいですね。

 

当サイトに掲載している商品(ホイールを除く)は、当社オリジナル商品ではありません。
当社が取扱いをしている他社のナショナルブランド商品の一部を掲載しています。
そのため、各商品へのお問い合わせ、車輌へのマッチング等につきましては、各商品ページ記載のリンク先へ、お問い合わせ願います。
なお、掲載されている商品は、ブリヂストンタイヤ取扱い店舗にてご購入頂けます(一部店舗除く)。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 2:13 AM