86とBRZのカスタムライフ

トヨタ86

トヨタの86はスバルBRZに比べ振り回す楽しみを色濃く感じさせるセッティングになっています。

具体的にはリア・サスペンションの挙動がブレイクしやすいセッティングになっており、意図的にリアタイヤの限界値付近での楽しみ方が容易に成っているのです。

スバルBRZ

変わってスバルBRZはトヨタ86のセッティングとは反対にオンザレール感がつよいセッティングになっています。

サーキットで車を楽しむにはグリップ走行に適しているサスペンスションのセッティングになっており、スポーティな走りをした場合にはトヨタ86よりも安定思考の走りが楽しめます。

車を安全に運転するのはもちろんですが、自動車保険もとても大切です。

自動車保険を考えるときに自動車保険料の平均相場をチェックするのを怠ってはいけません。

自分が考えているよりもずっと車は運転者と周りの人へ影響を与える乗り物なのだから。

タイヤの交換時期は?

車のタイヤって普段あまり気にも留めずにいるかもしれませんが、実は自分の命を載せて走っている、とっても大切なパーツなんですよね。

ではこのタイヤ、消耗してきた時にいつ交換しておくといいのでしょうか。

タイヤの交換時期に気付きやすいのは、車検などで詳しく車の状態をみてもらったときが多いのではないかと思います。

しかし、それ以外の時期にも、自身でしっかりタイヤの状態をチェックしておくことが大切。

簡単なことでは、普段車に乗り込む際に、タイヤにヒビが入っていないか、空気圧は適正なのか、さらにスリップサインは出ていないかを常々見ておくこと。

スリップサインというのはタイヤの交換時期のチェックができるものですので、是非自分のタイヤについて確認しておくことをお勧めします。

タイヤなんてだいたい5年くらい持つだろう…などと適当に考えていると、意外と危ない状態になっているなんてこともありますよ。

スリップサインが出ていたら、数年しか経っていなくても交換です。

 

タイヤを長持させるには  

実は私はタイヤの消耗について無頓着だったときがあり、思っていたよりもタイヤが早くダメになってしまったことがあるのです。

ですのでタイヤの消耗についてちょっと知識を持っておき、できればタイヤが長持するように心がけておくといいのではと思います。

タイヤを長持させたいなら、以下のようなことを心がけておくといいですね。

「常々タイヤの空気圧を適正に保つため、エアチェックは欠かさない」

「タイヤの状態をよく見ておいたり、小石など挟まっていたら、気がついたとき取り除く」

「定期的にタイヤローテーションを行う」

特にタイヤローテーションはかなりポイントとなるようで、これを怠っていたことで私の場合、消耗を酷くしてしまっていたようです。

タイヤローテーションは前後のタイヤを定期的に入れ替えるということなんですが、カー用品店で行ってくれますので、およそ5千キロ程度で交換を目安にするといいでしょう。

安く交換してくれるお店をチェックしておくといいですね。

 

当サイトに掲載している商品(ホイールを除く)は、当社オリジナル商品ではありません。
当社が取扱いをしている他社のナショナルブランド商品の一部を掲載しています。
そのため、各商品へのお問い合わせ、車輌へのマッチング等につきましては、各商品ページ記載のリンク先へ、お問い合わせ願います。
なお、掲載されている商品は、ブリヂストンタイヤ取扱い店舗にてご購入頂けます(一部店舗除く)。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 2:13 AM

車のメンテナンスは人間の健康管理と同じなのです。

エンジンオイルって交換しなきゃダメ?

 

車に乗っていると、さまざまな消耗品を交換しながらメンテナンスする必要がありますが、意外にあまり知識がないためにそういったメンテナンスを怠っている方もいらっしゃるようです。

そういった中でエンジンオイルの交換というものがありますが、どうして交換しなければならないのでしょうか。

エンジンオイルというものは、普通に走行しているだけで徐々に減ってきます。

オイルが少なくなるとエンジンそのものが滑らかに動かなくなってきて、最悪の場合焼きついてしまいます。

さらにオイルはエンジン内を洗浄する働きもあるため、汚れが滞留するようなことになってしまいますので、定期的に交換する必要が出てくるんですね。

交換時期としては、おおよその目安として、走行5千キロ程度で行うのが理想的でしょうか。

オイルフィルターもオイル交換の2回に1回は交換しておくこと。

車を長持させるため、安いオイルで構わないので、定期的に交換してあげましょう。

 

バッテリーっていつ交換?

 

バッテリー、冬が近づいて寒くなってくると、どうもセルモーターの回り具合がちょっと元気がないなんてこと、ありますよね。

でもバッテリーっていつ替えていいか、皆さんもちょっと分からないと思ってしまっていませんか?

私も実は今までバッテリーを上げてしまったり、実際バッテリーがだめになってしまうまで気付かずに車に乗り続けてしまったことがあるんです。

ですのでちょっとした目安を頭に入れておいて、大事な用事の時に車が動かないなんてことにならないようにしておきたいもの。

その目安とは…

「以前バッテリーが上がってしまったことがある」「充電したのに比重が上がってくれない」「バッテリー液の減り方がなんだか酷い」「各セルのバッテリー液の減り方が異なっている」など…。

特に寒い時期などにバッテリーのトラブルになることが多いですので、気をつけておきたいものですね。

車検以外の時にも、こういったポイントを押さえてチェックしておくといいですよ。

 

タイミングベルト

 

長く同じ車に乗っていると、交換しなくてはならなくなるパーツのなかに「タイミングベルト」というものがあります。

どんなパーツかというと、簡単に言えば自動車などのエンジンパーツの名前で、カムシャフトというものを駆動する「コグドベルト」のことなんだそうです。

これは車が古くなってくると交換してください、と車検などで指摘されることがあるので、そんな時には交換してしまった方が無難です。

何故かというと、車で走行しているしているときにタイミングベルトが切れてしまったら、速度によってはエンジンがだめになってしまうほどのダメージがあるからです。

タイミングベルトの交換は結構費用がかかるため、だましだまし乗りたいと考える方が結構いるようですが、愛車を大事にまだずっと乗るつもりなら、早めに交換しておく方が結果的に安全かつ安価で済むんですね。

数万円の交換費用をケチってエンジンをダメにしては、数十万円の痛手を負ってしまうかもしれません。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 2:05 AM

BRZ&86向けタイヤ情報館

スタンダードタイヤって?

 

さまざまなタイヤの種類があることが分かってきましたが、そんな中でごく一般的なタイヤといえば「スタンダードタイヤ」というものなんですが、これはどういったタイヤなのでしょうか?

スタンダードタイヤとは、車が発進するとき、停止するとき、曲がるときに際しての基本的な性能が標準的なレベルとして満たされているタイヤのことですね。

ごく標準的な性能のタイヤということで、けして安全性が劣っているというわけではありません。

一般的な走行についてはまったく遜色はありませんので、コスト的に割り切ってしまいたい、という方にはとてもありがたいタイヤといえます。

セカンドカーで買い物に行くだけ、家族の送迎でちょっとそこまで乗るだけの車ということであれば、逆にこだわりの強いタイヤをわざわざ使わなくてはいけないわけではありませんので、こういった場合には丁度いいタイヤといえるかもしれませんね。

タイヤ選びも車の乗り方で選ぶといいですね。

4×4タイヤって?

 

さまざまな車がありますが、そういった中でも走行を重視して乗りたい!という方に人気なのは4WD車ではないでしょうか。

4WDなら雪道などでもしっかりとした走りをしてくれるため、とくにこういったタイプの車を好んでずっと乗っている方も多いようです。

そういった4WDの車に適したタイヤといえば「4×4タイヤ」というものなんだそう。

とくに4×4タイヤとは、ちょっと走るのが大変なダート並地であったり、普段の走行であってもしっかりとしたグリップを実現しているということが大きなポイント。

タイヤの溝もそれに応じて普通より深くしてあり、剛性も高レベルに設定されているんですね。

岩などでもしっかりと強さが発揮されるんだそうですよ。

一般の道でももちろんしっかりとした走りをしますので、長距離移動でも快適に走れるようになっています。

ご自身にオフロードなどの趣味がある場合なら、このタイヤが特に合っているのではないでしょうか。

 

ミニバンタイヤって?

 

最近とっても人気が高くなっている車種といえば、「ミニバン」ではないかと思います。

「ミニバン」とはそこそこ車の重量があるうえに、その重心は高いので、曲がる時などに的確なタイヤでないととても不安定な走行になってしまうんですよね。

そういったことから、「ミニバン」に適したタイヤがどんどん開発されるようになって、今では専用のタイヤが出回るようになったのです。

特徴としてはタイヤの外側と内側で強度に違いを持たせたりといった工夫がされており、それによって車そのものをしっかりと支えておきながらもグリップも確実にするようにしてあるんだとか。

こうすることで、タイヤがいびつに減ったり、走っている時に不安定にならないようになっているんですね。

こういった工夫をされたタイヤがミニバン専用タイヤということで、最近ではさらに「静粛性」「乗り心地」まで格段にアップしているんだそうですよ。

さまざまな車種にあうタイヤが日々開発されているんですね。

タイヤと言ったら【株式会社ブリヂストン】がとても高性能で有名な商品でいうとREGNO・POTENZA・ECOPIA・BLIZZAKが有名ですね。

スバルのBRZ・トヨタの86のタイヤは標準ではエコタイヤを履いていますが、ブリジストンのPOTENZAのように高性能タイヤを履かせるのもとても面白い操縦性を手に入れる近道なのです。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 1:56 AM

トヨタ86には夢が詰まっているから楽しいのだ!

1】女性がトヨタ86に乗るイメージ

イメージ的には女性とトヨタ86っていうと、あまりフィットしないように感じるかもしれませんが、女性でトヨタ86を乗りこなしている方ももちろんいらっしゃいます。

トヨタ86ってどうしても、見た目がいかついので、逆に運転席から華奢な女性が出てきたらちょっとビックリしてしまうかもしれませんね。

でも知り合いでも家にアメ車を所有していたことで、奥様がこれに乗ってお子さんの送り迎えに行っていた方もいました。

なかなか乗りこなすのが難しい車なので、女性なのにすごいなあ…と感じていたものでした。

レトロなフォルムの86なんかをスタイリッシュな女性が運転するっていうのも、なかなか絵になるんじゃないでしょうか。

今は小さな車ばかりが流行っていますが、もっと景気が回復したら、こういった趣味の女性ももしかしたら増えるかもしれませんね。

一般的な日本車や軽自動車などに乗るより、かなり注目度は高くなるでしょうからね。

コンビニなどに停まっていても注目されるでしょうね。

 

2】若者と86

ほとんどの自動車ユーザーは今ではエコとか低燃費の車に注目していますが、こんなご時世でもトヨタ86のようなこだわった車がすき、という方は少数ですがいます。

一般的にはトヨタ86が好きな方は、年齢層が上の世代の方の方が多いのですが、このお子さん世代に当たる若者の中にも、アメ車が個性的ですきという方もいるようです。

ただ自分でお金を出して買うとなると、車体価格の金額だけでなく、メンテナンス費用やチューンナップの費用が別でけっこうかかってきますので、最初にこういった予算の予想が出来ていない若者は、アメ車に乗りながらもメンテナンスなどに苦労しているようです。

若い方でこれからトヨタ86を買って乗りたいという場合は、あらかじめメンテナンスやチューンナップの費用、税金などもしっかり把握してから検討することが大切です。

おおよそ今の国産の普通自動車よりはコストがかかると思いますから、せっかく買ってすぐ手放すことにならないように。

2】コンフォートタイヤって?

タイヤひとつ取っても、今ではたくさんの車を楽しむスタイルがありますので、それ応じたタイヤがどんどん開発されています。

そんななかの一つが「コンフォートタイヤ」というもの。

「コンフォートタイヤ」とはどういったタイヤのことなんでしょうか。

「コンフォートタイヤ」とは、簡単に思い浮かべるのであれば、スポーツタイヤの逆のタイプのタイヤ、というと分かりやすいのではないでしょうか。

基本的にはゆったり、ゆっくりと走りたいという方に向けたタイヤで、どういったことを重視しているかというと、より高い静粛性、衝撃の高い吸収などといった、快適に車を走らせると言った性能がポイント。

そういったポイントから、とにかく乗り心地が快適で、ハンドリングにもとても有効なタイヤと言えます。

普段の乗り方や乗る方によって、これだけタイヤの性能や特徴が違いますので、年配の方の送迎などにはとても適したよいタイヤといえるのではないでしょうか。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 9:57 AM

車の楽しみがBRZには詰まっている

【4】悲しいかなBRZの数が少ない…

どうしても世間の風潮が、輸入車の場合はベンツにボルボなどの欧州車に人気を持っていかれている感じになっていますので、BRZが好きな方はちょっと肩身の狭い思いをしているのかもしれません…。

悲しいかなそれを如実に反映してしまっているのは、やっぱり「中古車の台数」なんですよね。

輸入車の場合、例えばベンツなどならさっと検索をかけただけで、全国で7千台なんて数の中古車が出てくるのですが、アメ車の場合はシボレーソニックだと、なんとたったの26台…これはかなり悲しい結果です。

しかしその中の1台を見てみると、なかなか仕様もいいですし、程度も良かったりするのですが、例えば女性なんかだとあまりアメ車についてイメージすら抱いていないんじゃないかと思うのです。

ですのでそういった女性など車に詳しくない方に、もっとアピールしていくことで、この状況は変えていけるんじゃないかと思うんですが…。

アメリカが国を挙げてそういった動きをすればまた違うかもしれません。

【5】実際見てみる

BRZの魅力はざっくり説明するなら、その個性的なフォルムと、豪快な感じ、やっぱり見た目がごつくていかにも、といった形は日本車にはない個性ですよね。

そういった意味では「他の人とは違う車に乗りたい」といった願望を持っている人にはとても合っているのではないかと思います。

今やベンツやBMWなんて、本当にどこでもたくさん見かけるようになってしまって、輸入車に乗っていてもあまり個性的といったイメージを持たなくなりましたが、逆にBRZに乗っていたら、かなり見た目的にも目を引きますから目立ちたいという方にはバッチリです。

そして何と言ってもパワフルであるという点では、日本車では味わえないような乗り味がありますので、「乗らず嫌い」せずに、一度冷やかしでもBRZの展示場に行ってみられてはいかがでしょうか。

展示場めぐりって結構楽しいので、休日などを利用して、いろんなスポーツカーの展示場をはしごしても楽しいかもしれませんよ。

5】プレミアムコンフォートタイヤって?

ひと口にタイヤといっても、いろんなタイプのタイヤが存在することがだんだん分かってきました。

そんな中で特に高速道路などの走行での安定した走り、ゆったりと静かに走りタイヤのショックを極力感じさせないといったポイントが高いタイヤがあります。

そういったタイヤが「プレミアムコンフォートタイヤ」というタイプのタイヤですね。

どうすればそんなタイプのタイヤになるのか?

それはタイヤそのものの構造やパターン、主な素材などによって左右されるため、それらのバランスを絶妙に組み合わせながら開発されているんだそうです。

素材は特殊防振ゴム、特殊吸音スポンジなどを使い、あえて対称ではないパターンを採用するなどで、プレミアムな高性能タイヤができたんだとか。

最近では高級車だけでなく、ミニバンなどにもこういった「プレミアムコンフォートタイヤ」が多く採用されているといいますから、走りがよくなった理由はこのようなタイヤからでしょうか。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 9:51 AM